本当に女性ホルモンだけが原因なのか

更年期のバストアップ対策

 

女性の胸の大きさに大きく影響するのは成長期の過ごし方です。胸が大きくなりやすいのは思春期が早めに来た女性で、女性としての体が作られる期間が長いので、バストも大きくなりやすくなります。しかし思春期が早すぎると胸が大きくなっても背があまり伸びないので、モデルのように高身長で胸も大きくなるのは難しいとされています。

 

また胸を大きくしようとしても脂肪がお腹ばかりにつく体質の女性もいます。これは遺伝が関係しているので、外科的な方法などを駆使して豊胸になるしかありません。

 

たくさん食べて体に筋肉などをつければ胸も大きくなると思われがちですが、実際は全身くまなく脂肪がつくので、胸だけが膨らむことはありません。女性ホルモンは非常に重要な役割をもっていますが、適度に分泌されるようにしないと、体調不良の原因になります。胸が大きな女性は男性からも女性からも魅力的に映りますが、そのようになることが難しいからこそ魅力的なのです。

胸を大きくするためにはどうすれば良いのか

女性ホルモンの分泌を増やすことで、体に脂肪がつきやすくなるので、バストを大きくすることができます。体重をチェックしながら増やさないと、太り過ぎてしまうので、胸が大きくなってもスタイルが悪くなります。

 

痩せすぎを標準体型にするだけでも十分魅力的なスタイルになるので、極端な豊胸をしようとせずに、形の良いバストやスタイルの良さを求めることのほうが健康的です。

 

女性は一生のうちで何度も女性ホルモンの分泌量が変化します。

 

出産や更年期、生理などの時にはかなり大きく変化するので頭痛や肩こり、イライラなどの症状がでやすくなります。ホルモンはたくさんの種類が連動して働いているので、どれか一種類だけを増やしたからといって体に良い影響があるものではありません。

 

女性ホルモンの分泌を増やすのであれば、食事制限をしたり、運動をするなどして体重の増減をコントロールしたり、上手にストレスを解消する必要があります。

小さな胸が本当に大きくなることがあるのか

大人になっても胸が小さいと魅力がないのではないかと不安になります。実際には人には好みがあるので、気にする必要はありませんが、それでも水着を着る機会があると避けてしまいがちです。

 

人生において胸が大きくなる時期が一度だけあります。それは出産後です。

 

赤ちゃんにお乳を与えるために乳房が張っていつもよりも一回り大きな胸になります。

 

この時に女性ホルモンが大量に出ているのかというと実はそんなことはありません。内側でお乳を作りためておく器官があるだけで胸が大きくなります。これは美容外科などで行なう胸を大きくする手術と原理は同じで、内側に何かを詰めることで大きく見せる仕組みになっています。

 

女性ホルモンはサプリメントでも摂取することができますが、必要な摂取量には個人差があるので、体調に変化が出るなどしたら他の方法を試みることが大切です。女性にとって胸の大きさはとても大切ですが、その他の魅力をアピールすることも忘れてはなりません。