治療の対象となる人とはどのような人か

更年期のバストアップ対策

 

女性ホルモンの分泌量が少ないという場合、それが原因で排卵や卵子の成長が妨げられている場合があります。

 

そこで、少ない女性ホルモンを注射で補うことにより、妊娠しやすい体内環境へと導くことが出来るため、不妊症に悩む女性に用いられる事があります。

 

また、加齢などの影響により、徐々に女性ホルモンの分泌量は少なくなります。

 

女性ホルモンが急激に減ると、ホルモンバランスの乱れから様々な症状が現れるようになります。症状には個人差がありますが、日常生活に支障をきたす場合もあります。女性ホルモン注射をすることで、症状を和らげる効果を期待することが出来ます。

 

 

そして、性同一性障害の男性に対して、ホルモン療法が行なわれる場合にも女性ホルモン注射が用いられることがあります。女性らしい丸みのある身体、くびれが出来るなどの身体の変化を期待することが出来ます。定期的に治療を受ける必要があるようです。

メリットだけではなく、デメリットも確認

女性ホルモン注射の成分としては、エストロゲン・プロゲステロン・エストロゲンとプロゲステロン・エストラジオール・ペラニンデポーなどの成分が含まれています。
注射の成分については、いくつかの種類があるため、医療機関によって異なる可能性があります。気になるようであれば、あらかじめ確認をするようにしましょう。

 

そして、治療にはメリットだけではなくデメリットもあるということを事前に知っておくようにしましょう。デメリットとしては、吐き気やめまい、食欲減退、倦怠感などの副作用が高確率で出るということです。

 

症状の程度には個人差があり、非常に軽い場合もあります。そして、急激にホルモンバランスが崩れることにより、色素沈着やシミが多くなったり、体重増加、むくみやすくなる場合もあります。

 

男性の場合、糖尿病の悪化や肝臓疾患のリスクの増加、乳がんのリスクなどが見られることもあるとされています。

胸の悩みを解消することが出来るか

女性ホルモン注射を打つことにより、豊胸効果を期待することが出来る場合もあります。確かに、そのような効果を期待することは出来ます。しかし、副作用などのリスクもありますので、美容目的で治療を受け付けてくれるクリニックはほとんど無いというのが、現状です。

 

その為、豊胸ということを第一目的として治療を受けるという場合には、他の治療方法を検討するべきでしょう。

 

また、医薬品ではありませんが、サプリメントを利用するという方法もあります。サプリメントは医薬品とは異なりますので、重篤な副作用が生じるということもほぼほぼありませんし、手軽に日常生活に取り入れることが出来るというメリットがあります。

 

サプリメントと言っても、いくつかの種類がありますので、実際に利用したことのある人の口コミなどを参考にして見ると良いでしょう。

 

また、胸を大きくしたいという場合には、豊胸手術という方法もあります。