手術するよりも簡単なのにできない理由とは

更年期のバストアップ対策

 

胸の大きさに悩んでいる方、女性ホルモン注射をすれば簡単に豊胸できるのではと考える方も多いでしょう。

 

豊胸手術には大きく二種類の方法があり1つはヒアルロン酸を注射する方法、もう一つはシリコンバッグを入れる方法があります、シリコンバッグの方法ですと大掛かりな手術が必要なため抵抗のある方もいます。ヒアルロン酸注射も手軽ではあるものの効果は一時的であるのが欠点です。

 

その点女性ホルモン注射は豊胸の効果は絶大ですし注射ですので痛みもありません。自然に胸が大きくなるところも魅力でしょう。

 

しかし多くのクリニックではこのための女性ホルモン注射を断っています、なぜなのでしょうか。

 

性同一性障害の方や更年期障害の方、不妊治療のためには利用されているのに何故バストアップには使えないのでしょうか。実はこれには大きな理由があります。
副作用があるからです、基本的にどのようなバストアップ方法でも副作用がありますが女性ホルモンの場合健康障害が出やすいのです。

女性ホルモンによるリスクや副作用の内容

女性ホルモンを注入することによる副作用で多いのが体調不良です、吐き気がしたり発疹にシミなどができることもあります。体がむくむことも多く、実際にバストアップ以外の理由で女性ホルモン治療をしている方でも副作用の辛さから途中で断念する方も少なくありません。

 

女性ホルモンは体にいい事ばかりをもたらすと言われていますが何でも過剰に摂取するとバランスが崩れ副作用が出てしまいます。

 

性同一性障害や更年期障害などの治療で利用する場合も医師の診断によっては用いられないことも多く非常に慎重になり投与されるものなのです。

 

バストアップ効果が高いもののそれによりシミなどができればトータルでの美しさは損なわれているので本末転倒です、これを使ってバストアップをするのは避けましょう。
バストアップのためなら副作用の辛さくらい克服できるという方もいますが問題はそれだけではありません、もっと深刻な問題が生じる場合もあります。

女性特有の病気にかかるリスクもあります

吐き気などの副作用がクリアできても問題なのは女性特有の病気にかかるリスクが高まる点です。

 

例えば乳がんや子宮がんにかかるリスクは格段に高まります。エストロゲンを多く体内に取り入れることにより悪性腫瘍ができやすくなるのです。

 

他にも肝機能障害が出てしまうこともあります。ですのでエストロゲンを投与してる方は定期的に検査をし問題の早期発見につとめているのです。

 

何よりも大事なのは健康です、健康なくして美容はあり得ません。まずバストアップをしたいと考える方は普段の生活を見直してみましょう。

 

睡眠不足や食生活が原因で胸が小さくなっている可能性もあります、ちょっと生活を改善するだけで理想の体型になるかもしれません。

 

サプリメントによりバストアップする方法もあります、こちらは薬ではありませんのできちんと量を守っていれば体に副作用が出ることもありません。

 

ホルモン治療以外の方法で解決しましょう。